FC2ブログ

『信頼』 という名の 『怠慢』

 28,2014 22:47
今晩は~!
今日は前回のBlogを見て下さった方々から 『Laima腕どうしたん??』 『Laima怪我してるの?』・・なんてご心配の連絡があったりしたので・・・ここで事実を・・・

タイトルにもある様にですね~・・・『信頼してるよ~Laima~!』 って言いながらと~っても愛息子を “危険” にさらしてしまったと言う事実を・・・

Laimaにはお気に入りのロープのおもちゃがあったんですよ・・・・過去にシマウマの縫いぐるみオモチャの 『皮』 を引っぺがして相当長いその皮をゴックン!してしまいオキシドールを無理やり飲ませて吐かせた、と言う痛い思いがある私達!

『2度とあんな思いはしないぞ~!おおお---!!』

て感じだったんですよね・・・しかし・・時間が経つと “時くすり(こう言う時に使う言葉ではない様な・・・)”・・・
“喉元過ぎれば熱さ忘れる(おっし!こっちのがシックリ来た❤)” 。

そんなある日!仕事に遅刻しそ~!!って慌てていた私U。
ロープをガジガジしてるLaimaは目に入ってたのに・・・『ま、大丈夫よね~!Laimaもあれから成長しとるし~』

でロープ置き去りに 行って来ま---す!

それから数日後・・・全く食欲が無くなった坊主・・・けど今年の長梅雨のせいで体調崩す子も沢山いるし、って聞いてたんですよね・・・それに獣医さんからしても 『脱水状態でもないし大丈夫でしょ~』って。
でもですね~・・・秋を感じられる季節になっても全く食欲がなくて目に見えてどんどん細くなって行ってしまったんですよね・・・・さすがに・・・チョット怖くなってきた・・・
そうこうすると、ある日仕事から帰宅したら何やら変な臭い・・・イヤな予感・・・玄関に迎えてくれたLaimaも若干・・・イヤな予感が更に強くなりました。
恐る恐る入ると・・・嘔吐した後が。しかも大量に。食欲がないLaimaに食べさせようとミキサーにかけて与えてたフードがマンマ出てて。とっても怖くなりました・・・

その夜、またミキサーにかけた手作り、ドライフードを与えるとガツガツ!!!思わず 『やった!!!』 って思ったのもつかの間・・・・

ブワ――――――――!!!!!!

って・・・・もう氷付いてしまいましたよ・・・これ、Laima・・・やばいの???って。
くしくもその日は日曜日・・・嘔吐3度目。
その3度に2度は吐かなかったから・・月曜には病院だな、って程度に考えてたんですけど・・・流石にこれは悠長にしてらんない!今から行けないだろうか???って・・・・とにかく居ても立っても居られなくなってホワイトのプロ、Laimaのお里へ連絡をして指示を仰ぎました。手が震える思いだったですよ、ホンマに。
その指示の通りにやった結果・・・『月曜朝一で連れて行けば大丈夫!』・・・

IMG_4343 (640x524)

Laima本人も嘔吐した自分に困惑して私の顔を悲しそうに見てました。
でも私の心配そうな顔を見ると 『母ちゃん大丈夫よ~ㇸㇸㇸ』って・・・いつもの優しい顔で笑って来ます!
しっかりせんと!!!って思ってはいますが、その夜は泣けて泣けて・・・Laimaのこんな笑顔が見れなくなったら・・・・どうしたらエエんだろ・・・という気持ちに占領されちゃいました。

朝一、有給を取り、開院と同時に入って全てを話しました・・・
獣医さんは “血液検査” をお願いした私に症状からしてレントゲンを最優先にした方が良い、と。

大型犬ってレントゲン撮る時は大体全身麻酔なんですって。だって犬が大人しく、しかも仰向け・・と言う事は犬にとってはとっても苦痛なポーズでジッとしなくっちゃいけないから・・・なるほど。
でも 『私も一緒に入って良いですか?』 と申し出て取り敢えず麻酔なしで挑戦してもらう事にしました。
と言ってもX線なんで被爆しちゃいけないから、って事で私はレントゲン室の直ぐ横にあるドアから顔だけだしてLaimaに話し掛ける事だけ・・・・げ、仰向けポースで静止!しかも私じゃなくて獣医さんと看護師さんだけで抑えるんだ・・・大丈夫かな・・・
さすがに最初はバタバタして必至に抵抗するLaima。
兎に角私に気付かせ様と 『Laima!!心配ない!!母ちゃんの方見てん。こっちだよ~』・・・と言うとバシッと私の目を見て来ました・・・そしたら何とか落ち着いてレントゲンを4枚撮ることに成功!!

よくやったね!Laima!!

その後はバリカンでお腹の毛を剃り超音波検査・・・獣医さん 『・・・・これも麻酔なしでやろうかね』
これまた10分間ジ--としてお利口さんでした。

知らない内に成長してるんだな・・・って何だか嬉しい発見だったです・・・不謹慎だけど。

結果は “誤飲”・・・レントゲン写真を見て何となく見える形を見ると・・・・ロープ・・

『やってしまった・・・』

その検査後、体力の落ちてるLaimaにとって引き続き行われたのは最長の治療・・・・点滴。
開腹は何とか避けよう、と言う獣医さんの有難い意向で点滴で腸を活発にして “異物” を自然にウンピとして出そう、って言う方法です。

1時間点滴・・・獣医さん 『1時間ジッと出来れば良いけどね~』。

床の上にLaimaと2人寄り添って座りましたよ~・・・・

1413897351534 (480x640)

1413897473630 (480x640)

1413897431131 (640x480)

何だか慣れない体験ばっかりで2人キリになった途端に甘えてくる坊主・・・我慢して頑張ってたんか・・・
大丈夫!一緒におるからね・・・と体をさすってやるしか無かったです。

1413897487569 (480x640)

でも 『Laima痛かろ???大丈夫か??』 って言うとこの笑顔なんですよね・・・何だか目が曇っちゃいました。
私があの時にロープを片付けて行けば・・・しかも無くなってた事さえ気付かず、何とか食べさせようとしてるのに食べてくれないLaimaに腹を立てた事もあったんですよね・・・なんて母親なんだ!私は・・・

シンドイのに無理して笑わなくて良いんだって・・・

1413897502227 (480x640)

誰かが入って来ようとするとシンドイのに私に教えようとしてるかの様にグッと頭をドアの方へ向けて耳を澄まします・・

だから・・・エエんだって・・・ユックリしな。

1413897364716 (640x480)

1413897419285 (480x640)

そう言うとヤッパリ辛かったんでしょ~ね・・また寄り添って寝ちゃいます。

沢山沢山、色々な事を考えたLaimaと2人の1時間・・・とっても短かったですよ。

そこで最後まで繰り返し繰り返し出てきた結論は・・・・

『子供達も大きくなってるし・・・きっと大丈夫 “だろう” !! だって “信頼” してますから!!!』

『信頼』 ってね、とっても良い言葉だと思うんです~。でも~その言葉に託けて私がやったのは単なる 『怠慢』 でした。

これって案外陥ってる事あるんじゃないのかな???・・・・その怠慢で私は愛息子にとっても辛い体験をさせてしまいました・・・今はお陰さまでとっても元気なんでBlogにも書けましたけどね・・・これ “大事” になってた可能性だってあったんですよね・・・そう思うと・・・

この子らを守れるのも親なんですけど・・それは確かなんです。でも危険にさらす事が出来るのもって事も今回痛~いほど知りました。













・・そんな事でLaimaの腕に “坊主” 有!で~す・・・心配して下さった皆さん、ありがと---でっす!ペコリ


スポンサーサイト



Comment 2

2014.10.31
Fri
15:55

凛&結ママ(腹黒母さん) #-

URL

あれから体調はどう?
完全復活かなっ(^^)v

私も、いつも
犬に絶対はない!100%はないっ!!
って思ってます。

飼い主が常に意識して気を付けないといけないですね …
なんせ、うちにも要注意人物がぁ~(笑)
結、頼むよ~(-_-;)

編集 | 返信 | 
2014.11.01
Sat
18:29

ULai坊 #-

URL

Re: タイトルなし

凛&結母さん、
毎度読んでくれて有り難う!ホントにご心配かけましたぁ!親子二人とも100%復活しましたよん!
ホントにそうだよね…ワンを100%近くまで安全にするには、私達親が気を付けなきゃだね。耳がいたいよ~!でもこれでイヤと言うほど肝に銘じれた~!

結!母さんを心配させない様に!そしてLaima は『脱!シェパスキー(訳:シェパードとハスキーのMixの行動をとるシェパードの事 by 凛&結母さん)』頑張るよ!多分そこは難しいかも?(笑)

編集 | 返信 | 

Latest Posts -